起業・資金調達専門 行政書士ほしくま事務所

業務内容・報酬表

業務内容・報酬表

業務内容その1(会社設立)

①ヒアリング

 まずは、どのような事業をしたいか?その規模は?など、夢や目標をお聞かせください。その内容によっては、株式会社以外に、合同会社、一般社団法人、NPO法人といった選択肢を提示する場合もあります。自分独りで悩むよりも、第三者に相談したほうが、思いもかけないアイデアが出たりして考えがまとまる、というメリットもあります。

②定款の作成

 ①のヒアリング内容を基にして、定款(会社の基本的ルール)を作成します。定款は第三者も見ることができるため、事業目的はしっかりと信頼性のあるものにする必要があります。他方で、定款内容を変更する際は、定款変更・登記の変更が必要となる(手続き・費用が必要となる)ため、あなたの会社の未来像を見据えてしっかりとプランニングする必要があります。

③定款の認証

 ②で作成した定款について、公証役場(公(おおやけ)の事項について証明してくれる役場)にて認証(問題ないとOKをもらうこと)を受ける必要があります。

④商業登記申請

 会社設立の最終段階として、法務局に設立登記申請を行う必要があります。ほしくま事務所では、懇意の司法書士をご案内しています。

⑤オプション・サービス

 事業を行うのに必要な諸手続きとして、(1)税務署や市町村、年金事務所への手続きや(2)銀行口座の開設、(3)事務所・店舗の賃貸契約等があります。
 ほしくま事務所ではこれらの手続きをご案内し、サポートすることで、お客様に満足していただけるように努めています。
 

業務内容その2(資金調達)

①ヒアリング

 まずは、どのような事業を予定しているか?その規模・必要金額は?といった点を一緒に確認しましょう。自分独りで悩むよりも、第三者に相談したほうが、思いもかけないアイデアが出たりして考えがまとまるというメリットもあります。

②創業計画書の作成

 創業計画書の作成は、初めて創業資金融資を申し込む方の中には、ハードルが高いと思われる方もいらっしゃいます。しかし、この創業計画書の出来・不出来により融資が決定するといっても過言でないため、しっかりとした作成が必要となります。 

③添付書類の取得サポート

 法人ならば商業登記簿謄本(又は履歴事項全部証明書)確定申告書及び決算所の写し、個人なら確定申告書、青色申告決算書の写しが必要となります。場合によっては、印鑑証明書や所得証明書を要求されます。それに加えて、設備資金では見積書が必要となります。
 ほしくま事務所では、これらの書類取得をサポートし、お客様に満足いただけるよう努めています。

料金表 (税抜き)

①株式会社設立手続き・・・・・120,000円

②公庫等金融機関に対する融資申し込み代行・・・・・50,000円+成功報酬3%  例)調達資金が100万円なら、5万円+3万円=8万円

③対面相談、電話相談・・・・・60分5,000円

④契約書作成(1通あたり)・・・・・30,000円~(要見積り。契約内容による)

⑤建築業許可申請・・・・・120,000円~(要見積り。許可内容による)

⑥介護保険制度申請・・・・・120,000円~(要見積り。申請内容による)

⑦古物商許可申請・・・・・50,000円~(要見積り。申請内容による)

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional